読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最低人気の Guignol バイエルン大賞制す

2016 3歳 G1 古馬

1日(火)にミュンヘン競馬場で行われたバイエルン大賞 Grosser Preis von Bayern(2400m, G1, 3歳上)を制したのは、なんと最低人気の Guignol でした。

f:id:german-racing:20161102071240j:plain

1番人気の Savoir Vivre(サヴォワヴィーヴル)と同馬主(Stall Ullmann)、同厩舎(J. Carvalho)ながら、これまで重賞未勝利であったために最低人気の低評価だった Guignol。レースでは、テンポよく逃げ、最終コーナーを回る頃には2番手以下に大きなリードをとって、そのまま長い直線を押し切りました。

懸命に追い上げた2着の Racing History、3着の Hawkbill はともにイギリスからの遠征馬。

今年の古馬戦線で常に上位争いをしてきた Iquitos は、前走のオイロパ賞からの巻き返しはならず4着。こちらの公式の記事によれば、「このあと問題なければジャパンカップへ向かう」と Gröschel 師は語ったとのことです。

2番手追走から5着と敗退した Savoir Vivre はまた来年仕切り直しです。半年後に成長した姿を期待しましょう。

german-racing.hateblo.jp

german-racing.hateblo.jp