読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Savoir Vivre 凱旋門賞8着 10月1~2日の仏競馬結果

2日(日)の凱旋門賞に出走した Savoir Vivre は16頭立ての8着でした。

前からも後ろからも競馬ができる自在性をもつ馬ですが、スタートで後手を踏み、後方からの競馬を余儀なくされたのは痛手でした。それでも直線でインをついて順位を押し上げて8着。それでも Harzand、Left Hand、マカヒキに先着し、3歳馬で最先着という結果でした。

1日(土)には、2頭のドイツ馬がシャンティイ競馬場で素晴らしい競馬を見せました。

Prix Chaudenay(3000m, G2, 3歳)に出走した Moonshiner は Doha Dream に僅差で敗れはしたものの、直線でのデッドヒートは見ごたえがありました。

Moonshiner は6月に独ダービートライアルを勝利して以来、フランスの重賞で3戦1勝2着2回と安定した結果を残してます。今後も長距離路線での活躍が期待されます。

Prix Dollar(2000m, G2, 3歳上)には Potemkin が出走し、見事に勝利しました。

G1の常連である Zarak(3着)が人気を集めていましたが、堂々と Potemkin が抜け出し完勝。やはり中距離で高いポテンシャルをもっています。来年は1800~2000mのレースを選択し、G1勝利を狙うことでしょう。