読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレフェルト競馬場の3歳G3戦 注目は

※ドイツ国内の3歳の主要レース一覧はこちら

23日(日)にクレフェルト競馬場で Dr. Busch-Memorial(1700m, G3, 3歳)が行われます。Sugar Daddy が取り消して10頭立てです。注目は重賞ウィナーのこの2頭です。

Langtang

Langtang は昨年8月のデビュー戦こそ2着に敗れたものの、ケルン競馬場での Preis des Winterfavoriten(1600m, G3, 2歳)を制するなど、3戦2勝で2歳を終えました。父は  Campanologist で、血統的に距離の融通はききそうです。ここを勝つようならドイツダービーへ大きく前進します。

Colomano

もう1頭の重賞ウィナーは Colomano です。デビュー戦はオークションレースでしたが、半馬身差の2着と健闘。その後 Preis des Winterfavoriten で Langtang から5馬身離れた5着に敗れました。次走は今回と同じコース、同じ距離の Herzog von Ratibor-Rennen(1700m, G3, 2歳)で、初勝利を初重賞制覇で飾りました。

3歳馬 Monreal は仏ダービートライアルへ

f:id:german-racing:20170421160112j:plain

17日(月)のケルン競馬で初勝利を挙げたパントルセレブル産駒の Monreal は、Prix du Jockey Club(フランスダービー)のトライアルレース Prix Greffulhe(グレフュール賞)に登録していると、こちらの記事で紹介されています。

Monreal は 昨年フランスで Prix de Lutèce(リュテス賞,3000m, G3, 3歳)を勝った Moonshiner の半弟です。兄以上の活躍に期待です。

Delectation は仏1000ギニーへ

こちらの記事によると、17日(月)にケルン競馬場で行われた独1000ギニートライアル Schwarzgold-Rennen(1600m, G3, 3歳牝)を制した Delectation は、次走フランスの1000ギニー(5月13日)を予定しているとのことです。

もちろん、ドイツ1000ギニーへの登録もあり、2カ国の1000ギニー制覇も十分あり得る状況です。今後が非常に楽しみです

 german-racing.hateblo.jp

 

イキートス ドイツ2016年度代表馬に

昨年、バーデン大賞でのG1初制覇後、ジャパンカップにも出走したイキートス Iquitos が、ドイツの2016年度代表馬に選出されました。公式の記事はこちらです。

イキートスは5月28日(日)にバーデンバーデン競馬場で行われる Grosser Preis der Badischen Wirtschaft(2200m, G2, 4歳上)に登録しています。同レースは昨年も制しており、連覇が期待されます。

シュタルケ騎手 ドイツ帰国後初勝利

17日(月)のケルン競馬の第4レースで、シュタルケ騎手がドイツ帰国後初勝利を挙げました。

16日(日)の中山競馬最終レースで勝利したあと、ドイツへ即帰国したシュタルケ騎手。話を伺ったところ、「時差ボケ?ないです!」と元気に語ってくれました。

この日はケルン競馬での最終レースも勝利し、貫禄を見せました。今シーズンもシュタルケ騎手から目が離せません。

f:id:german-racing:20170418021501j:plain

f:id:german-racing:20170418021542j:plain

なお、惜しくも2着に敗れましたが、ドイツのぶち馬 Silvery Moon に騎乗し、場内を沸かせました。

f:id:german-racing:20170418021829j:plain

Delectation 独1000ギニートライアル制す

※ドイツ国内の3歳の主要レース一覧はこちら

17日(月)にケルン競馬場で行われた独1000ギニートライアル Schwarzgold-Rennen(1600m, G3, 3歳牝)を制したのは Delectation でした。

f:id:german-racing:20170418020510j:plain

 Delectation は昨年イギリスで2戦2勝で、これがドイツへ転厩して初めてのレースでした。今回は3着(同着)の Peace In Motion と人気を分け合いましたが、6月18日(日)にデュッセルドルフ競馬場で行われる独1000ギニーでは、外国からの登録馬次第では1強ムードになる可能性もあります。

2着以下は混戦で、今後の調整次第で着順が入れ替わりそうです。6月18日(日)まで2ヶ月あるため、もう1戦経験を積む馬も多いと思われます。各馬の伸びしろに注目です。

Rainbow Royal は出走を取り消しました。

 

german-racing.hateblo.jp

独1000ギニートライアル展望

※ドイツ国内の3歳の主要レース一覧はこちら

17日(月)、ケルン競馬場で独1000ギニーのトライアルレースである Schwarzgold-Rennen(1600m, G3, 3歳牝)が行われます。今回は有力馬を紹介します。

f:id:german-racing:20170417021543p:plain

Delectation

人気になりそうなのが A.Wöhler 厩舎の Delectation。これまでイギリスで2戦して2勝。前走はG3での勝利でした。下のレース映像の通り、2着に3馬身近くつける完勝。半年以上ぶりのレースとなりますが、当然ここでも力は上位でしょう。

Rainbow Royal

そして同じく A.Wöhler 厩舎の Rainbow Royal も3戦3勝と土つかずでここへ駒を進めてきました。ベルリン・ホッペガルテン競馬場でデビュー勝ちを収めたあと、イタリアで準重賞、G3と連勝を伸ばしました。

Peace In Motion

W.Hickst 厩舎の Peace In Motion は昨年10月にサンクルー競馬場でデビュー勝ちして以来の競馬となります。ハットトリック産駒で、注目したい一頭です。

他にも有力馬多数

この3頭以外にも力のある馬が揃っていますが、日本での短期免許期間を終えてドイツに帰国したシュタルケ騎手が騎乗する Viva La Flora は馬券的に妙味があります。前走は5ヶ月ぶりのレースで2着でしたが、一度使っての上積みが見込めるため、ここではチャンスがあるでしょう。地元ケルンでシュタルケ騎手が早速重賞を制覇するシーンが見られるかもしれません。