Weltstarがケルンの独ダービートライアル制す

17日(日)にケルン競馬場で行われた独ダービートライアルOppenheim-Union-Rennenを制したのは、昨年の独ダービーWindstoßの半弟Weltstarでした。

外ラチ沿いから追い込む姿は兄Windstoßそっくりで、本番の独ダービーが楽しみになりました。やはり距離が伸びて良いタイプのようです。

f:id:german-racing:20180618020813j:plain

f:id:german-racing:20180618020837j:plain

f:id:german-racing:20180618020853j:plain

Royal Youmzainが独ダービートライアルを快勝

3日(日)にバーデンバーデン競馬場で行われた独ダービートライアルIttlingen Derby Trialは、Royal Youmzainが断然の1番人気に応えて快勝しました。鞍上はペドロサ騎手。

Royal Youmzainはこれで6戦4勝2着2回と、抜群の安定感を誇っています。今年の3歳は有力馬が相次いで故障する中、Royal Youmzainは順調そのもの。独ダービーへ向けて大きく前進です。

f:id:german-racing:20180605043501j:plain

f:id:german-racing:20180605043725j:plain

イキートスがバーデン経済大賞を制す

3日(日)にバーデンバーデン競馬場で行われたバーデン経済大賞Grosser Preis der Badischen Wirtschaftは、一昨年の覇者イキートスIquitosが制しました。鞍上はフランスのEddy Hardouin騎手。

1番人気のギニョールGuignolはいつもの粘りがなく3着。休み明けが響いたのかもしれません。

前走のGerling-Preisで強烈なインパクトを残した昨年の独セントレジャー馬のOriental Eagleは、道中2番手以下を引き離して逃げたものの失速してシンガリの6着。次走にあらためて期待です。

f:id:german-racing:20180604060234j:plain

f:id:german-racing:20180605042621j:plain

f:id:german-racing:20180605042620j:plain

独1000ギニーを制したのは英調教馬Nyaleti

27日(日)にデュッセルドルフ競馬場で行われたGerman 1000 Guineas(独1000ギニー)は、イギリス調教馬のNyaletiが1番人気に応えて快勝しました。鞍上はJoe Fanning騎手。

2着は、前走で今回と同じ舞台の準重賞を制したドイツのMalakeh。まだキャリア4戦で、今後の活躍が期待されます。

f:id:german-racing:20180528042247j:plain

f:id:german-racing:20180528042324j:plain

f:id:german-racing:20180528042355j:plain

f:id:german-racing:20180528042434j:plain

f:id:german-racing:20180528042513j:plain

f:id:german-racing:20180528042600j:plain

最低人気のAncient Spiritが独2000ギニー制す

21日(月)にケルン競馬場で行われた独2000ギニーMehl-Mülhens-Rennenを制したのは、なんと最低人気のミナリク騎手鞍上のAncient Spiritでした。

3角手前あたりから一気にポジションを押し上げてハナを奪い、そのまま直線は独壇場。ミナリク騎手の好騎乗が光りました。

2着はデットーリ騎手鞍上のイギリス調教馬Fajjaj。2番手につけましたが、最後まで差を詰めることはできませんでした。

f:id:german-racing:20180522035900j:plain

f:id:german-racing:20180522035942j:plain

f:id:german-racing:20180522040032j:plain

f:id:german-racing:20180522040216j:plain

Well Timed 独オークスへ向けて前進

19日(土)にデュッセルドルフ競馬場で行われた準重賞BMW Preis Düsseldorf(独オークスのステップレース)を制したのはミナリク騎手鞍上のWell Timedでした。

Well Timedはこれで3戦2勝。際どい勝負でしたが、3歳になり距離を伸ばしてから2連勝と勢いに乗っています。

おそらくこのあと独オークストライアルを使ってから本番へ向かうことでしょう。

f:id:german-racing:20180521142301j:plain

f:id:german-racing:20180521142339j:plain

f:id:german-racing:20180521142331j:plain

f:id:german-racing:20180521142333j:plain

f:id:german-racing:20180521142336j:plain

レース後、検量室前で惜しくも2着だったJozef Bojko騎手と何やら話をしていました。

Gerling-Preis 伏兵Oriental Eagleが大外からの完勝劇

6日(日)にケルン競馬場で行われたGerling-Preis(2200m, G2, 4歳上)は、伏兵Oriental Eagleが文字通り外ラチ沿いから逃げ切りを果たしました。

レースはOriental Eagleが逃げ、1番人気のDschingis Secret(昨年の年度代表馬)や2番人気のWindstoß(昨年の独ダービー馬)は中団に位置する展開。余裕をもって直線を向いたOriental Eagleでしたが、外ラチに向かって走り、内で競り合っていたColomano(昨年の独ダービーで1番人気)やWindstoßと離れた勝負になったものの、振り切って逃げ切り勝ち。衝撃的な内容でした。

なお、Dschingis Secretは7着とシンガリ負けを喫しました。公式の記事によれば、「乾いた馬場は合わない」とAdrie de Vries騎手は語ったようです。

f:id:german-racing:20180507050539j:plain