夏のマイル王は3歳牡馬 Dragon Lips

f:id:german-racing:20170717030322j:plain

16日(日)にケルン競馬場で行われた Meilen Trophy(1600m, G2, 3歳上)を制したのは3歳牡馬の Dragon Lips でした。

1番人気は同じく3歳で今年の独2000ギニーを制した Poetic Dream でした。この日は馬場の真ん中から外を通る馬が多い中、Poetic Dream は外ラチ沿いを突いて一瞬良い脚を見せましたが、外を回ったロスの影響か失速し7着。馬場の真ん中を通り、ロスなく走った Dragon Lips が力強く抜け出しました。

春に初重賞制覇をするなど、充実している Wonnemond が最後まで Dragon Lips を追い詰めましたが、あと一歩届かず2着。Wonnemond の末脚は確かで、再び重賞を制する日も遠くなさそうです。

中10日で臨んだ Millowitsch は疲れが影響したか3着。次走あらためて期待です。

german-racing.hateblo.jp

Meilen Trophy 夏のマイル王決定戦

16日(日)にケルン競馬場で Meilen Trophy(1600m, G2, 3歳上)が行われます。ドイツにはマイル以下のG1レースがなく、このレースがマイル戦最高峰という位置づけです。

f:id:german-racing:20170715141919p:plain

Pas De Deux(7歳騙)

2015年に重賞2勝、2016年に重賞2勝(フランスで1勝)している実力馬。ただ今回は昨年9月以来の実戦で、本来の実力が発揮できるか。

Degas(4歳牡)

1勝馬ながら、重賞で2着6回、3着1回と堅実な走りを見せる同馬。悲願の重賞制覇なるか。

Diplomat(6歳牡)

昨年ローマでG2を制したものの、ドイツ国内では苦戦。

Millowitsch(4歳牡)

10戦6勝の同馬は7月5日(水)にハンブルク競馬場で重賞2勝目を上げ、中10日で参戦。前走はスプリント戦ながら2着に2馬身以上つける完勝。実力は申し分なし。体調が万全であれば。

Nordico(6歳牡)

2~4歳時にG3を3勝した同馬も、近年は重賞で苦戦続き。

Wonnemond(4歳牡)

昨年から今年にかけて5連勝し、重賞初制覇を果たした。その後2着、3着、6着と精彩を欠いているが、復活があっても不思議でない。

Poetic Dream(3歳牡)

3戦2勝3着1回。今年の独2000ギニーを制し、ここへ参戦となった。古馬との初対決でどこまでやれるか。

Aufsteiger(3歳騙)

11戦1勝で今回が重賞初挑戦。さすがにここでは相手が悪い。

Dragon Lips(3歳牡)

4月にG3を制し、独2000ギニーでは4着。前走のG3は古馬との初対決で4着と健闘し、Wonnenmondに先着した。

独ダービー Windstoss 大外一気決めた

f:id:german-racing:20170703160454j:plain

2日(日)にハンブルク競馬場で行われた独ダービー Deutsches Derby(2400m, G1, 3歳)は、4番人気の Windstoss がゴール前で大外から強襲して接戦をものにしました。鞍上の M.Pecheur 騎手は26歳にしてダービー初制覇。M.Klug 師は Sea The Moon で制して以来2度目。

f:id:german-racing:20170703160626j:plain

レースは残念ながら Langtang が軽い怪我のため出走を回避して18頭立てでした。

道中では、各騎手が内にこだわらずポジションをとり、シュタルケ騎手鞍上の Enjoy Vijay が最終コーナー手前で外から押し上げ、直線で早々に先頭に立ちました。後方に待機していた Windstoss は、直線で迷うことなく馬場の真ん中を選択。一完歩ごとに差を詰め、ゴール前で見事に差し切りました。

レース中の転倒事故の6日後の前走は、2着に残る強い内容でした。3歳になり大成長を遂げた Windstoss の今後が楽しみです。

german-racing.hateblo.jp

独ダービーは19頭立て 混戦模様

7月2日(日)にハンブルク競馬場で行われる独ダービー Deutsches Derby(2400m, G1, 3歳)は19頭立てになりました。本命不在の混戦模様です。上位争いが期待される馬を紹介します。

1番(17番枠)Colomano

ケルンでのトライアルレース Oppenheim-Union-Rennen(2200m, G2, 3歳) を制した Colomano は17番枠に入りました。鞍上は Helfenbein 騎手で、2014年に独ダービーを制したシーザムーンの主戦を務めていましたが、落馬による負傷を懸念され、独ダービーでは乗り替わりとなった過去があります。この大一番にかける想いは計り知れません。外枠での発走となりますが、ベテランらしく落ち着いた騎乗に期待です。

2番(11番枠)Windstoss

前走、Colomano の2着だった Windstoss は、最後まで力強い粘りを見せました。前々走でレース中に転倒した6日後だっただけに、順調だったらと思わずにいられない健闘ぶりでした。11番枠からの発走です。

3番(7番枠)Langtang

ここまで5戦3勝2着2回と、抜群の安定性をもつ Langtang は、7番枠と比較的良い枠に恵まれました。ただ今回は主戦の E.Pedroza 騎手が同厩舎の Warring States に騎乗するため、今回は J.Bojko 騎手が手綱をとります。J.Bojko 騎手とのコンビは過去2戦あり、G3勝ちもあるため、不安はないでしょう。最有力の一頭です。

4番(16番枠)Northsea Star

Northsea Star は今回が4戦目。デビュー勝ち後、重賞を2戦して着実に力をつけている印象です。シーザスターズ産駒の底力には魅力があります。16番枠からの発走です。

5番(4番枠)Warring States

Warring States は日本でも話題となっているハクサンムーンの半弟です。ミュンヘンでのトライアルレース Bavarian Classic(2000m, G3, 3歳)を制し、1番人気で臨んだ Oppenheim-Union-Rennen(2200m, G2, 3歳) では Colomano の4着でした。母父サクラバクシンオーの血がハンブルクでの2400mでどのように影響するのか未知数ですが、絶好の4番枠からロスなく競馬ができればチャンスが開けるでしょう。

6番(12番枠)Enjoy Vijay

シュタルケ騎手が騎乗するのが Enjoy Vijay です。前々走の Bavarian Classic(2000m, G3, 3歳)では Warring States の僅差の2着と健闘しています。前走の Ittlingen Derby Trial(2000m, G3, 3歳)では Langtang から3馬身差の6着でした。名手シュタルケ騎手に導かれて上位に食い込めるでしょうか。

12番(18番枠)Parviz

 ハノーファーで Derby Trial(2200m, L, 3歳)を制したのがこの Parviz です。外ラチ沿いから鋭い末脚を伸ばしての快勝でした。ここまで3戦2勝。キャリアは浅いですが、成長力に期待です。

13番(1番枠)Sargas

ハノーファーでの Derby Trial(2200m, L, 3歳)で Parviz の2着でした。当時まだキャリア2戦目だったことを考えれば、上出来といえるでしょう。今回は絶好の1番枠からスムーズな競馬をすれば、十分に上位争いができます。

参考レース:4月9日 Derby-Trial(デュッセルドルフ)

参考レース:5月1日 Bavarian Classic(ミュンヘン)

参考レース:5月28日 Ittlingen Derby Trial(バーデンバーデン)

参考レース:6月5日 Derby Trial(ハノーファー)

参考レース:6月11日 Oppenheim-Union-Rennen(ケルン)

 

ハンザ大賞はバーデン経済大賞の再戦に

7月1日(土)にハンブルク競馬場で行われるハンザ大賞 Grosser Hansa-Preis(2400m, G2, 3歳上)は、バーデン経済大賞 Grosser Preis der Badischen Wirtschaft(2200m, G2, 4歳上)で対戦した GuignolIquitos(イキートス)、Dschingis Secret の再戦となります。

順調さでは Guignol です。今期3戦目となる今回、万全の状態で臨めるでしょう。前走はイキートスでゴール前に詰め寄られたものの、馬体を合わせてからは抜かせないしぶとさを見せました。昨年人気薄でG1を勝った印象が強く、ここまであまり人気を集めてこなかった同馬ですが、今回は堂々の1番人気に支持されるのではないでしょうか。

実績ではイキートスですが、前走のレース中に目を負傷していたことが発覚し、予定していたサンクルー大賞を回避してここへ向かった経緯があります。出走する以上は体調に不安なしとのことでしょうが、順調な Guignol と比較するとやや不利と言えるかもしれません。

Dschingis Secret は前走の大敗が気になります。実力馬を相手に、今回どれだけやれるでしょうか。

german-racing.hateblo.jp

イキートス 週末のハンザ大賞へ

目の怪我によりサンクルー大賞を回避したイキートスですが、7月1日(土)にハンブルク競馬場で行われるハンザ大賞 Grosser Hansa-Preis(2400m, G2, 3歳上)へ出走する見込みです。こちらの記事で、ハンズ・ユルゲン・クレッシェル(Hans-Jürgen Gröschel)師が次のように語っています。

「目を怪我したことを度外視すれば体調はすごく良い。とは言え手術の結果は順調で、目も開いているため、最終的にハンザ大賞への出走を考えている。」

german-racing.hateblo.jp

イキートス 目の怪我でサンクルー大賞回避

サンクルー大賞への出走を表明していたイキートス陣営ですが、前走のバーデン経済大賞 Preis der Badischen Wirtschaft(2200m, G2, 4歳上)のレース中に石が目に入ったことによる怪我の影響で、サンクルー大賞を回避するとハンズ・ユルゲン・クレッシェル(Hans-Jürgen Gröschel)師が語りました。記事はこちらです。

回復が早ければハンザ大賞 Grosser Hansa-Preis(2400m, G2, 3歳上)への出走もありえるとのことです。

german-racing.hateblo.jp