バーデンバーデン競馬を振り返って

遅くなりましたが、今月1~2日に行われたバーデンバーデン競馬写真をご紹介します。

1日(土)のメインは1200mのG3戦Silberne Peitsche。メイダンでのアルクォズスプリントを制したThe Right Manが当然のように圧倒的支持を得ました。

レースではさすがの横綱相撲で抜け出しかけたところで、わずかキャリア3戦目の3歳馬Namosがインから伸びてまさかの差し切り勝ち。前走で初勝利を挙げたばかりの新星の走りに場内は驚きに包まれました。今後の活躍が楽しみでなりません。

また、鞍上のWladimir Panov騎手は1つ前のレースでも勝利を挙げており、関係者たちから大いに祝福される様子が印象的でした。

f:id:german-racing:20190610170445j:plain

f:id:german-racing:20190610170446j:plain

2日(日)はまずダービートライアルのG3戦が第3レースに行われました。

こちらも波乱で、8戦1勝で最低人気のAcconが強い競馬を見せました。鞍上のJiří Palik騎手は大レースでの騎乗は多くはないものの、今回はインコースをうまくつく好騎乗を見せ、さすがベテランといったところです。

f:id:german-racing:20190610171121j:plain

f:id:german-racing:20190610171140j:plain

f:id:german-racing:20190610171146j:plain

f:id:german-racing:20190610171148j:plain

今回のバーデンバーデン競馬のメインといえる古馬のG2戦バーデン経済大賞。

人気を集めたのは、昨年の独ダービーで1番人気に支持されながら3着となったあと、惜敗が続いていたRoyal Youmzainでした。また、一昨年の独ダービーとオイロパ賞を制したWindstoßも惜敗続き。それでもファンの多い馬で2番人気に支持されていました。

レースはまたしても波乱でした。昨年の重賞で惜しいレースが続いていたItoboがMarco Casamento騎手の騎乗に応えて力強く抜け出しゴールイン。7歳にして初重賞制覇となりました。

f:id:german-racing:20190610172514j:plain

f:id:german-racing:20190610172500j:plain

f:id:german-racing:20190610172501j:plain

独1000ギニーも英国調教馬Main Edition

26日(日)にデュッセルドルフ競馬場で行われた独1000ギニーの結果と写真をお伝えします。

人気を集めたのは英国調教馬の Iconic Choice と Main Edition、地元ドイツの Axana と Shalona でした。1番人気だった Iconic Choice は出遅れて力を発揮できなかった一方で、残りの人気3頭はゴール前で熱戦を演じ、わずかに先着したのは Main Edition でした。

先週の独2000ギニーに続き、英国調教馬の優勝を許してしまったドイツ勢。7月の独ダービーでは果たしてどんな結果になるでしょうか。地元の意地を見たいところです。

f:id:german-racing:20190530060709j:plain

f:id:german-racing:20190530060726j:plain

f:id:german-racing:20190530060729j:plain

f:id:german-racing:20190530060725j:plain

マーフィー騎手鞍上Fox Championが独2000ギニー制す

19日(日)にケルン競馬場で行われた独2000ギニーを制したのは、英国調教馬のFox Champion でした。鞍上は日本でもおなじみのオイシン・マーフィー騎手でした。

f:id:german-racing:20190520025655j:plain

f:id:german-racing:20190520025732j:plain

Fox Champion は逃げてそのまま押し切る強い競馬。最後は外ラチ近くまで持ち出したマーフィー騎手の手腕も光りました。Fox Champion はこれで4連勝。重賞初制覇となりました。

f:id:german-racing:20190520025817j:plain

f:id:german-racing:20190520025836j:plain

f:id:german-racing:20190520025837j:plain

マーフィー騎手はドイツ語を勉強したことがあるそうで、少し話せるようでした。「紫色はドイツ語でなんと言うの?」と質問をする場面も見られました。

古馬G2戦Carl Jaspers-Preisを制したのは名手ペリエ騎手

※記事の更新に不具合があったため、再度投稿しました。

5日(日)にケルン競馬場で行われた古馬のG2戦 Carl Jaspers-Preis を制したのは、フランス調教馬のFrench Kingでした。鞍上はオリビエ・ペリエ騎手。1番人気に応える見事な勝利でした。

f:id:german-racing:20190507143606j:plain

f:id:german-racing:20190507143548j:plain

f:id:german-racing:20190507143632j:plain

 

Rennen um den Preis der SWK STADTWERKE KREFELD - Dr. Busch-Memorial

28日(日)にクレフェルト競馬場で3歳のG3戦、Dr. Busch-Memorialが行われました。ドイツのクラシックレースに直結するこのレースを制したのは、人気薄のWinterfuchsでした。

f:id:german-racing:20190430043613j:plain

デビュー勝ちの後にリステッドレースで3着となり、今回は7ヶ月ぶりのレースでした。重賞勝ちのある2戦2勝のNoble Moonや、イギリス調教馬のHot Teamが人気を集めましたが、Winterfuchsが直線で外にヨレながらも完封。今後の成長が楽しみです。

f:id:german-racing:20190430044150j:plain

f:id:german-racing:20190430044237j:plain

Kalkmann Frühjahrs-Meile

遅くなりましたが、14日(日)にデュッセルドルフ競馬場で行われた今年初の重賞Kalkmann Frühjahrs-Meile(1600m, G3, 4歳上)等の写真をご紹介します。

f:id:german-racing:20190419142936j:plain

レースは単勝1.5倍の断然人気に応えて、イギリス調教馬のStormy Antarcticが優勝。香港やフランス、そしてドイツへの遠征経験が豊富な同馬の実績はここでは抜けていました。

f:id:german-racing:20190419143035j:plain

この日は日本での騎乗を終えたミナリク騎手にとって、久しぶりのデュッセルドルフ競馬でした。パドックではペドロサ騎手とともに記念撮影。

f:id:german-racing:20190419143300j:plain

この日は勝利騎手たちの喜ぶ姿が印象的でした。夏へ向けて、関係者たちの気持ちが高まっているのがよくわかります。

f:id:german-racing:20190419143839j:plain

f:id:german-racing:20190419143951j:plain

f:id:german-racing:20190419143946j:plain

f:id:german-racing:20190419144046j:plain

ケルン競馬開幕

31日(日)、ケルン競馬が開幕しました。ドイツも春らしくなり、パドックでは満開の花を楽しむ人々の姿が見られました。

f:id:german-racing:20190401033724j:plain

この日のメインは古馬のリステッドレースRaceBets.de Grand Prix-Aufgalopp(2100m)。今年初のリステッドレースです。

昨年のオイロパ賞を制したKhanも参戦しましたが、勝ったのは最低人気のNacida(写真左)。直線では3頭の激しい競り合いで、場内は大盛り上がりでした。

f:id:german-racing:20190401034114j:plain

f:id:german-racing:20190401034117j:plain

f:id:german-racing:20190401034138j:plain

f:id:german-racing:20190401034128j:plain