Kalkmann Frühjahrs-Meile

遅くなりましたが、14日(日)にデュッセルドルフ競馬場で行われた今年初の重賞Kalkmann Frühjahrs-Meile(1600m, G3, 4歳上)等の写真をご紹介します。

f:id:german-racing:20190419142936j:plain

レースは単勝1.5倍の断然人気に応えて、イギリス調教馬のStormy Antarcticが優勝。香港やフランス、そしてドイツへの遠征経験が豊富な同馬の実績はここでは抜けていました。

f:id:german-racing:20190419143035j:plain

この日は日本での騎乗を終えたミナリク騎手にとって、久しぶりのデュッセルドルフ競馬でした。パドックではペドロサ騎手とともに記念撮影。

f:id:german-racing:20190419143300j:plain

この日は勝利騎手たちの喜ぶ姿が印象的でした。夏へ向けて、関係者たちの気持ちが高まっているのがよくわかります。

f:id:german-racing:20190419143839j:plain

f:id:german-racing:20190419143951j:plain

f:id:german-racing:20190419143946j:plain

f:id:german-racing:20190419144046j:plain

ケルン競馬開幕

31日(日)、ケルン競馬が開幕しました。ドイツも春らしくなり、パドックでは満開の花を楽しむ人々の姿が見られました。

f:id:german-racing:20190401033724j:plain

この日のメインは古馬のリステッドレースRaceBets.de Grand Prix-Aufgalopp(2100m)。今年初のリステッドレースです。

昨年のオイロパ賞を制したKhanも参戦しましたが、勝ったのは最低人気のNacida(写真左)。直線では3頭の激しい競り合いで、場内は大盛り上がりでした。

f:id:german-racing:20190401034114j:plain

f:id:german-racing:20190401034117j:plain

f:id:german-racing:20190401034138j:plain

f:id:german-racing:20190401034128j:plain

 

2018年の年度代表馬はイキートスに決定

本日、ケルン競馬場にて2018年の年度代表馬の発表があり、イキートスが選出されました!2016年に続いて2度目の受賞。すでに現役は引退しているものの、最後の勇姿をパドックでファンにお披露目しました。

f:id:german-racing:20190401030123j:plain

f:id:german-racing:20190401030137j:plain

イキートスといえば左回りにめっぽう強いイメージで、特にバーデンバーデン競馬場が得意でした。2016年のジャパンカップでも鋭い末脚を見せました。

父譲りの末脚をもった産駒の登場が楽しみです。期待しましょう。

31日のケルン競馬展望

今週日曜日にケルン競馬が開幕します。芝競馬シーズンは3週目に入り、いよいよリステッドレースRaceBets.de Grand Prix-Aufgalopp(4歳上・2100m)が行われます。

注目はG1馬Khan

今回のレースでは、昨年のオイロパ賞(G1)を最低人気ながら6馬身差で圧勝したKhanに注目です(動画参照)。道悪での決着だっただけに決してレースレベルの評価は高くはなかったのですが、オイロパ賞と同じケルン競馬場で再び輝きを見せる可能性は十分にあります。ただしメンバー唯一の斤量60キロは懸念材料です。


重賞勝ちのあるDevastarも有力

重賞やリステッドレースを制しているDevastarの方が人気は上かもしれません。コンスタントに結果を出しているだけに、この馬を軸に買うファンは多そうです。

不気味なAll For Arthur

2~3歳春にドイツ国内で3戦したのち、フランスに主戦場を移していた同馬。リステッドレースで4着(6頭立て)、3着(8頭立て)、2着(5頭立て)、4着(5頭立て)と、まずまずの結果を残しています。特に2着だったときの勝ち馬Brundtlandはその後ロンシャン競馬場でG2を連勝しています。54.5キロと斤量に恵まれている今回は狙い目かもしれません。

デュッセルドルフ競馬開幕

24日(日)、2019年のデュッセルドルフ競馬が開幕しました。肌寒い気温ながら天気に恵まれ、客足は上々でした。

まだまだ上級クラスのレースはありませんが、3歳馬のレースは要注目です。

第1レースを制したのは3歳牝馬のNayala。母のNinfeaはノヴェリストの半妹ですから、独オークスまで要注目の一頭と言っていいでしょう。ご覧の通り、勝負服はノヴェリストと同じです。

f:id:german-racing:20190326042835j:plain

f:id:german-racing:20190326042839j:plain

第2レースも3歳戦でした。前走ドーヴィル競馬場で11頭立ての4着だったDormioが1番人気に応えて快勝。ここではスピードが違いました。

f:id:german-racing:20190326042836j:plain

2019年の芝競馬シーズン開幕

17日(日)にクレフェルト競馬場にて、2019年の芝競馬シーズンが開幕しました。ミナリク騎手やシュタルケ騎手は日本で騎乗中で、他のトップジョッキーも他国で騎乗していることもあり、若手騎手にとっては大きなチャンスと言えるタイミングです。

第1レースの3歳戦を制したのはMartin Seidl騎手鞍上のSharoka。昨年デビュー勝ちをお収めているだけでなく、その後G3戦で4着や5着といった実績のある馬で、単勝1.6倍のオッズは当然でした。

f:id:german-racing:20190318044206j:plain

f:id:german-racing:20190318044248j:plain

第1レースが10:50発走と、通常よりもずいぶん早い開催時刻であったことと、肌寒い天候であったために客足は今ひとつでした。第3レースあたりから晴れ間が広がり、駐車場は満車となりました。

f:id:german-racing:20190318044331j:plain

f:id:german-racing:20190318044254j:plain

来週はデュッセルドルフ競馬場での開催があります。今年も現場の様子をお伝えします。よろしくお願いします。

重馬場のオイロパ賞はKahnの圧勝

遅くなりましたが、9月23日(日)にケルン競馬場で行われたオイロパ賞の様子をご紹介します。

前日からケルン付近は雨が降り続いており、レース当日はゲートが使えないほど重い馬場でした。

Torcedorが1.9倍の1番人気でしたが、重い馬場のせいか直線に入って早々に脱落。それとは対称的に、2番手につけていたKahnが直線で力強く抜け出し完勝。馬場の得手不得手があるにしても、完璧な内容でした。

鞍上のClément Lecoeuvre騎手はフランスから度々ドイツへやって来て、主に重賞で騎乗しています。クールなお方ですが、声をかけるとにこやかに対応してくださります。

f:id:german-racing:20181004214611j:plain

f:id:german-racing:20181004214647j:plain

f:id:german-racing:20181004214710j:plain

f:id:german-racing:20181004214757j:plain

f:id:german-racing:20181004214833j:plain

f:id:german-racing:20181004214856j:plain